4月の権利付き最終日は25日です
twitter
  1. 【決算速報】アイビーシー、上期経常は44%減益で着地  https://t.co/nZ4bbQPgPx

  2. 【決算速報】ホクシン、今期経常は34%減益、前期配当増額も今期減配  https://t.co/2Q8eCYHZ6x

  3. 【決算速報】東洋、前期経常は46%減益で着地、今期業績は非開示  https://t.co/YRmaa7AnC8

  4. 【決算速報】東京一番、上期経常は一転10%減益で下振れ着地・通期計画を超過  https://t.co/VuXFYNILwt

  5. 【決算速報】トライアイズ、1-3月期(1Q)経常は赤字縮小で着地  https://t.co/qW9CPqPyAv

グロース投資で成長株を探せ!!

「グロース投資」は、「グロースアプローチ」や「成長株投資」とも呼ばれ、将来の企業の成長性収益性に主眼を置き、業績の伸びが期待できる企業を探し、成長にともなって株価が上昇することを狙って銘柄に投資する方法です。ITベンチャーや、バイオベンチャー企業などが挙げられると思います。

これは、株式投資においてポートフォリオ構築のために使われる手法の一つで、企業の将来の「利益成長性」を特に重視することになります。

実際にそれを判断する際には、単に市場平均と比較するだけでなく、企業の競争力評価や将来の業績予想とともに、現在のROE(自己資本利益率)の高さなどを基準にすることもあります。

一般にその対象となる銘柄は、将来の成長性が高いとみなされるため、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)などが市場平均より高く、また配当利回りが低いという傾向となっています。

「グロース(growth)」とは、直訳すると「成長」となります。

グロース投資とは、企業のグロース(成長性)に着目し、今後、成長しそうな会社の株を買って、その成長分の利益を得ようとする投資法なので、
グロース投資は、最終的に成功した場合、非常に大きなリターンを得られますが、その一方で成長する可能性のある銘柄を見極めることが非常に難しく、また必然的に長期投資になることが多いと思います。

グロース投資のメリット

計画通りにうまく行けば、株価・業績ともに、どこまでも伸びる可能性があることです。バリュー投資との明確な境界線はないですが比較的、グロース株のほうが値動きが大きいです。

グロース投資のデメリット

企業の将来的成長を分析することは、極めて投資に慣れている方でも困難で、ましてや株初心者にとっては、非常に難しく敷居の高い投資方法です。
手法としては確立されており、実際に多くの投資が利益を上げていますが、企業の将来性という不確定な根拠に基づき投資を行うため、相場の流れが変わって一気に株価の暴落につながる可能性もあります。

バリュー投資と比較される場合が多いです。

グロース投資を行う際にはこれから来る分野・技術や市場動向にアンテナを張って、さらに企業分析も行わなければなりません。
投資歴が浅かったり初心者の方には中々ハードルが高い作業が多いのが実際の所です。
実はこの作業を日々、仕事としてやっている人たちがいるんです。それが投資のプロ、投資顧問会社です。

投資顧問は国から許可を得て、投資のアドバイスをしています。
メールアドレスだけで会員登録ができ、無料で銘柄相談に乗ってくれる投資顧問が多いので、気になるグロース株について質問しても良いでしょう。
また投資アドバイザーが注目している今後成長が期待できる銘柄情報も提供したりしています。無料会員になって参考にしても良いかもしれません。

pickup!株の初心者が「銘柄分析」の「知識」を身につけるには…?

【PR】株の初心者の方が知りたい銘柄分析のテクニック。 この銘柄上昇する?損切りする?
投資のプロ、投資顧問相談して銘柄分析の基礎を身につけませんか?

  • ツイートする
  • LINEで送る

株初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
実践的な取引手法&投資情報を効率よく集める方法

株取引を始めたばかりの初心者でも実践できるプロの売買テクニックや、狙い目の銘柄情報・市場動向をタイムリーに集める方法を知りたくありませんか?

株式投資は「情報」というモノが勝敗を大きく左右する不確定要素の大きい世界。数ある投資情報の中から自分に有益となる物を効率よく収集して、着実に技術や確率を高めていくことが必要で、株取引で勝つための重要なポイントにもなります。

インターネット上に多数点在する情報サイトの中から、初心者の方にもオススメできる良質な投資情報サービスを厳選してご紹介します。株の知識や経験を深めるだけでなく、あなたの投資成績を大きく好転させる有益な情報源としてお役立てください。

株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング

株初心者の方も、既にネット証券の口座をお持ちの方も手数料を比較し、複数口座を使い分けてもっとお得に配当、株主優待をもらいましょう!おすすめの証券会社の組み合わせもご紹介しています!

  1. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング1位

    松井証券

    松井証券の画像
  2. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング2位

    むさし証券 トレジャーネット

    むさし証券 トレジャーネットの画像
  3. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング3位

    ライブスター証券

    ライブスター証券の画像
  4. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング4位

    GMOクリック証券

    GMOクリック証券の画像
  5. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング5位

    カブドットコム証券

    カブドットコム証券の画像

ネット証券の口座を複数使い分けるメリットとは?

証券会社の口座を複数持つメリット説明ページへ→