5月の権利付き最終日は26日です
ゼロからの株式投資メインビジュアル
twitter
  1. 【決算速報】日エンター、今期最終を一転81%増益に上方修正  https://t.co/N3AScZho4G

  2. キッセイ薬が脊髄小脳変性症治療薬「KPS-0373」で追加臨床試験を実施へ  https://t.co/8GRYWwXG8f

  3. 双日が反発、大和証は同社の投資積極化策は異彩を放つとコメント  https://t.co/RKJVzJmWjv

  4. 【決算速報】スリープロ、上期経常は17%増益も対通期進捗は過去平均を下回る  https://t.co/obFUCJ2yGg

  5. 【決算速報】アインHD、今期経常は10%増で4期連続最高益、10円増配へ  https://t.co/FtI8jGuyvf

株の基礎知識

これから株を始めたいと考えている株初心者の方でもゼロから分かる!株式投資の基礎知識をまとめました。
そもそも株は、企業がお金を集める手段です。投資をした投資家は、企業が上げた利益を受取れ、継続した利益を出している会社であれば、株を買いたいという人が増えていきます。
そして、株を買いたいという人が増えれば、株の値段(株価)が上がり、株価が上がったところで売れば、差額が投資家の利益になるのです。
これが、投資家と企業との株取引の一連の流れです。
そもそも株とはなんなのか?株取引をする事でどのようなメリットがあり、どのようなリスクが存在するのかなど、株の初心者でも分かる基礎知識を紹介しています。

株初心者のための「基礎知識」ページへ→

初心者の方でも安心!株取引の流れ

当サイトに初めてこられた株の初心者の方は、もしかすると「株を買うには大金が必要なんじゃ…。」
「株には興味があるけど難しいんじゃ…。」と考えてしまっているかも知れません。
株の売買はいたってカンタンで、いい会社の株を安く買い、高値になれば売却する日常のお買い物と同じ感覚です。
株取引の流れをおおまかに説明すると下記のようになります。

  1. 証券会社に口座を開設
    株は証券会社の仲介で買うものです。株をこれから始める初心者の方は、まず証券会社に口座を開設しましょう。ネット証券なら店頭に行かず、郵送だけで開設できるので、銀行口座を作るのとまったく同じです。
    最近ではオンラインで即日、証券口座が開設できる証券会社もあります。
  2. どの株を買うか決める
    株取引きを行う上で、一番重要なプロセスがどの会社の株を買うかを決めることです。
    当サイトでは、株初心者の方でも分かりやすく銘柄選びのポイントを紹介しています。基本的には、いいものを安く買うという普段の買い物と同じ感覚です。
  3. 注文を出す
    どの株を買うか決まれば、インターネットで証券会社に買いたいことを伝えます。
    初心者の方でもカンタンな操作で、買いたい値段と数を入力してクリックするだけです。
  4. 注文が成立
    株取引きは、買いたい人と売りたい人が希望価格を出し合い、双方の条件が合えば売買が成立します。
    株で儲けるには、人気のある高い株を買うのではなく、人気が出る前に仕込むことが重要です。
  5. 売却
    買った株が値上りすれば、株を売って儲けを出しましょう。
    人気が出そうな株を買って、人気が出始めたところで売るのがポイントです。

株取引の流れが何となく把握できましたか?
どの株を買えば良いのか分からない株初心者の方にも、初めて株を買うのにおすすめの方法もご紹介しています。
また、株式投資を始めて少し慣れてきた方のステップアップや確認になる投資をする際の指標の見方や分析方法などもご紹介しています。
当サイトが紹介する情報が、株式投資の初心者の方の入門として、また株取引経験者の方には株式投資の役立つガイドとなれれば幸いです。

株初心者のための「取引き実戦知識」ページへ→

証券会社手数料比較ランキング

初心者の方におすすめの10万円までの手数料が安い証券会社のランキングTOP3です。
株初心者の方は、まず10万円までの手数料が安い証券会社の口座開設をして、株式投資に慣れるのが良いと思います。
また投資情報の豊富さなど、手数料以外の証券会社の比較もしているので、是非ご覧ください。

    1. 1

      • 松井証券
      • 10万円以下 無料
        30万円以下 300円
        【NISA口座】
        10万円以下 無料
        30万円以下 無料
        ※上記税抜表示
      • 詳細
    1. 2
    1. 3

手数料以外で証券会社を選ぶ理由

手数料の安さは、証券会社を選ぶ際に最も重要な部分だと思いますが、サイトの使いやすさ(見やすさ)や市況レポートやニュースなど、株式投資に必要な情報の多さも気にしたい所です。
また各証券会社の専属アナリストが在籍していて、それぞれ市況の解説や推奨銘柄を発表しています。投資情報はある程度多く持っておくと有利に株の売買ができます。
その他にも売却益が出やすいIPOの取扱が多かったり、株主優待のタダ取りがしやすい証券会社など特色があります。
手数料が安い証券会社の口座一つでも、株の売買はできます。
ですが、有益な情報が得られなかったり、IPOに応募できないなど、大きく見ると損に繋がるような事が起きてしまいます。
口座開設に必要な書類を思いつくたびに準備するよりは、株を始める際にまとめてやった方が圧倒的に楽です。
私が株初心者の頃、1つの証券口座でやっていましたが、詳しくなると複数口座あった方が良いなと思う事が多く、結局、複数開設することに。書類の準備は正直めんどくさかったです(笑)
なので初心者の方や、これから始める方は最低でも2~3の証券会社で口座開設をしましょう。複数開設する際のおすすめの組み合わせもお教えします。

株初心者だから複数口座を開設しよう

株主優待とは?

株主優待とは、企業が株主に対して品物やサービスを提供したりする制度です。
優待内容はその企業が取り扱っているオリジナル商品や食事券・割引券・入場券・お米・図書カードなどさまざまで、株主優待を知って、株を始めた初心者の方も多いはず。
株主優待を実施している企業は、約1,000社ほどで、上場企業の約4分の1になります。また、株主優待は配当金とは異なり、課税されないことも魅力のひとつです。
このように株主にとって、株主優待はとても魅力的な制度ですが、企業側にとっても、自社製品・サービスの知名度向上や、総株主数が増えることによる上場基準の達成・流動性の確保など、株主優待を実施することにはメリットがあります。

株主優待の基礎知識から株主優待を受けるまでの流れやお得に株主優待を受ける方法などを見てみましょう。

株主優待の基礎知識へ→

株主優待を受ける際の注意

株主優待を受ける際に注意しなければならないのが、権利確定日です。権利確定日の3営業日前までに優待を受けたい企業の株を買わなければなりません。
株初心者の方には中々分かりづらい権利確定日の詳しい説明と今年の権利確定日カレンダーページで確認してみましょう。

権利確定日説明(カレンダー)へ→

今月のおすすめ優待銘柄

ネット証券が発表しているものや口コミなどで、今月おすすめの株主優待のランキングTOP3を公開。
2016.05.06 更新

5月のおすすめ株主優待ランキング

女性におすすめ株主優待ランキング

NISAとは?

NISA(ニーサ)とは、株や投資信託の配当金や値上がり益を非課税にする制度のことです。別名で「少額投資非課税制度」とも呼ばれます。株や投資信託の利益にかかる10%の軽減税率は2013年末に廃止され、2014年から従来の20%に戻りました。
その代わりに登場したのが「NISA」です。毎年120万円を上限とし、最大600万円(最長5年間)まで売却益や配当金に税金が掛からない非課税投資ができるようになります。
またネット証券によっては国内株式の売買手数料を無料にしているところもありますので、株の初心者の方ならNISAを使ってお得に株式投資がはじめられるでしょう。
NISAの仕組みやメリット・デメリット、NISAに向いている株の見つけ方などをご紹介します。

NISAの説明ページへ→