3月の権利付き最終日は28日です
twitter
  1. ユーグレナ、国産バイオジェット・ディーゼル燃料計画が「セレクト神奈川100」に認定される◇  https://t.co/BcOocamhP5

  2. 【決算速報】ホウライ、上期経常を20%上方修正  https://t.co/oYfI9SGIJC

  3. 【決算速報】御園座、今期経常を2.6倍上方修正  https://t.co/t86zuQmsvn

  4. 【決算速報】ヘリオスTH、今期経常を6%上方修正、配当も2円増額  https://t.co/QHlwnNe2Nd

  5. 【決算速報】夢テクノ、株式分割に伴い配当予想を修正  https://t.co/ZjKdIWXJe2

株初心者のための「投資分析の知識」

株取引において、誰もが「いい株」を「安く」買いたいと考えます。では、いい株とはいったいどのような株なのでしょう。いい株とはつまり、しっかりと利益を計上する会社の株であり、その後も利益をどんどん伸ばしてくれる会社の株=インカムゲイン(配当)とキャピタルゲイン(売却益)が狙える株といえるでしょう。
このページでは、「テクニカル分析」「ファンダメンタル分析」を中心に、株初心者の方でもわかる売買のポイントと企業や景気を判断するバロメーターを紹介します。
いい株であるかどうかは、会社の業績結果と業績予想から判断でき、会社の売上や利益が順調にのびているかどうかの判断が重要なポイントとなります。また、過去の株価や値動きからパターンを見出し、将来の業績を予想することもできるのです。


投資効率を向上させる!投資分析に関する知識

Tag : , , , ,

ファンダメンタル分析とは景気や国際環境や政治政策などの外部環境や、企業の財務体質や業績予想を分析して相場を見通そうという手法で、企業の業績が良くなれば株価は上昇すると考えられ、その企業の持ってる本来価値に着目します。 企業がどれだけ儲けて、どれだけの蓄えがあるかということを決算書を見て分析します。


Tag : , , ,

EPSとは、企業が1年間に1株当たりいくらの利益を出したのかを表したもので、株主から集めた資金で、企業がどれだけの利益を上げたのかという収益力や成長率を把握することができます。PERは、『何年先の利益まで見越した株価になっているのか』を示したものです。株価が、1株当りの利益の何倍になっているかを計算することで、その株の割安か割高かを判断することができ、この数字が低ければ割安、高ければ割高になります。


Tag : , , ,

BPS(一株あたり純資産)は、会社が発行している発行済株式総数に対してどれだけの純資産があるのかを示す指標です。BPSが高ければ高いほど、その企業の安定性は高いことになります。PBRは、会社の株価がそのBPSの何倍かを示すもので、これもPERと同様、株価が高めなのか安めなのかを判断する際の目安となります。


Tag : , , ,

ROEは「自己資本利益率」と言い、自己資本比率とは、総資本(総資産)のうちどの程度が自己資本でまかなわれているかを示す指標です。「投下した資本に対し、企業がどれだけの利潤を上げられるのか」という点を図るために、重要視される財務指標となります。


Tag : , ,

グロース投資は将来の企業の成長性や収益性に主眼を置き、業績の伸びが期待できる企業を探し、成長にともなって株価が上昇することを狙って銘柄に投資する方法です。


Tag : , , ,

バリュー投資は、その株の「収益力・資産・成長性」などから、その株本来の価値を見積もって、それよりも割安な水準と判断した所で買う投資法です。


Tag : , , , ,

テクニカル分析とは、過去の株価や値動きからパターンを見い出し、将来の相場を予測する投資法です。チャートを使って良いタイミングで売買を行うことが、テクニカル分析の目的になります。


Tag : , ,

「グランビルの法則」は、株価と移動平均線の組み合わせや位置によって売買のタイミングを計ろうというものです。グランビルの法則は、売り買いそれぞれ4つの計8つのポイントで構成されています。移動平均線で売買のポイントを見つけるので、比較的、株の初心者の方でも使いやすいテクニカル分析だと思います。


「ストキャスティクス」とは、オシレーター系のテクニカル指標です。株価の「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断するための指標で、下落相場では"終値は安値近辺で取引が終わり"、上昇相場では"終値が高値近辺で取引が終わる"傾向があるという前提のもと開発されました。


Tag : , ,

「ボリンジャーバンド」とは統計学によるトレンド分析技法です。移動平均を表す線を中心に、その標準偏差をチャート上に重ねて描くことにより分析を行います。移動平均線を含め、5つの補助線で表示されます。上下の一番外側に引かれた補助線内に約95%程度の確率で日々終値が入るとされています。


pickup!株の初心者が「銘柄分析」の「知識」を身につけるには…?

【PR】株の初心者の方が知りたい銘柄分析のテクニック。 この銘柄上昇する?損切りする?
投資のプロ、投資顧問相談して銘柄分析の基礎を身につけませんか?

  • ツイートする
  • LINEで送る

株初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
実践的な取引手法&投資情報を効率よく集める方法

株取引を始めたばかりの初心者でも実践できるプロの売買テクニックや、狙い目の銘柄情報・市場動向をタイムリーに集める方法を知りたくありませんか?

株式投資は「情報」というモノが勝敗を大きく左右する不確定要素の大きい世界。数ある投資情報の中から自分に有益となる物を効率よく収集して、着実に技術や確率を高めていくことが必要で、株取引で勝つための重要なポイントにもなります。

インターネット上に多数点在する情報サイトの中から、初心者の方にもオススメできる良質な投資情報サービスを厳選してご紹介します。株の知識や経験を深めるだけでなく、あなたの投資成績を大きく好転させる有益な情報源としてお役立てください。

株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング

株初心者の方も、既にネット証券の口座をお持ちの方も手数料を比較し、複数口座を使い分けてもっとお得に配当、株主優待をもらいましょう!おすすめの証券会社の組み合わせもご紹介しています!

  1. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング1位

    松井証券

    松井証券の画像
  2. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング2位

    むさし証券 トレジャーネット

    むさし証券 トレジャーネットの画像
  3. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング3位

    ライブスター証券

    ライブスター証券の画像
  4. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング4位

    GMOクリック証券

    GMOクリック証券の画像
  5. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング5位

    カブドットコム証券

    カブドットコム証券の画像

ネット証券の口座を複数使い分けるメリットとは?

証券会社の口座を複数持つメリット説明ページへ→