12月の権利付き最終日は27日です
twitter
  1. 個別銘柄戦略:JALやJR東日本などに注目 https://t.co/NeSKi49Z9u

  2. 日経平均が反発スタート、きのう下落した反動や米国株高で買い優勢=3日寄り付き https://t.co/MXVz8rzh5i

  3. 前場に注目すべき3つのポイント~買い先行も日経平均はトレンドの出にくい状況~ https://t.co/d9UV5jFg3i

  4. 個別銘柄戦略:イオンやカプコンなどに注目 https://t.co/xqY9JnXwj6

  5. 【IPO】のむら産業<7131>---売り気配、本日ジャスダック市場に新規上場 https://t.co/m0Vlf3RsaQ

ファンダメンタル分析とは?

ファンダメンタル分析とは景気や国際環境や政治政策などの外部環境や、企業の財務体質や業績予想を分析して相場を見通そうという手法です。企業の業績が良くなれば株価は上昇すると考えられます。

その企業の持ってる本来価値に着目します。 企業がどれだけ儲けて、どれだけの蓄えがあるかということは決算書を見ることによって知ることが出来ます。

ファンダメンタル分析は相場の大きな流れを把握するには有効ですが、その一方で売買のタイミングを把握するには弱点があり、これを補完するのにテクニカル分析が有効といえます。

株の初心者の方のほとんどは決算書を読んだ事が無いのではないでしょうか?そこで、ゼロからの株式投資では株初心者の方でも決算書が読み方がわかるようになるおすすめの本をご紹介しています。ぜひご覧下さい。
決算書の読み方がわかるようになるおすすめの本1決算書の読み方がわかるようになるおすすめの本2

pickup!株の初心者が「銘柄分析」の「知識」を身につけるには…?

【PR】株の初心者の方が知りたい銘柄分析のテクニック。 この銘柄上昇する?損切りする?
投資のプロ、投資顧問相談して銘柄分析の基礎を身につけませんか?

  • ツイートする
  • LINEで送る

株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング

株初心者の方も、既にネット証券の口座をお持ちの方も手数料を比較し、複数口座を使い分けてもっとお得に配当、株主優待をもらいましょう!おすすめの証券会社の組み合わせもご紹介しています!

  1. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング1位

    松井証券

    松井証券の画像
  2. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング2位

    むさし証券 トレジャーネット

    むさし証券 トレジャーネットの画像
  3. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング3位

    ライブスター証券

    ライブスター証券の画像
  4. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング4位

    GMOクリック証券

    GMOクリック証券の画像
  5. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング5位

    SBI証券

    SBI証券の画像

ネット証券の口座を複数使い分けるメリットとは?

証券会社の口座を複数持つメリット説明ページへ→