7月の権利付き最終日は29日です
twitter
  1. 22日寄り付きの日経平均株価=104円34銭高の2万1713円26銭  https://t.co/wL4I5BflQL

  2. 20日大引けの日経平均株価=42円07銭高の2万1608円92銭と反発  https://t.co/LfIdKRHCJv

  3. 20日後場寄り付きの日経平均株価=18円75銭高の2万1585円60銭  https://t.co/DU1srCoprA

  4. 20日寄り付きの日経平均株価=18円20銭安の2万1548円65銭  https://t.co/25GujC7EkE

  5. 19日大引けの日経平均株価=17円65銭安の2万1566円85銭と3日ぶり反落  https://t.co/Fq7ssR9yXN

『EPS(一株当りの利益)』と『PER(株価収益率)』

EPS(Earnings Per Share)は、「一株当りの利益」、PER(Price Earnings Ratio)は「株価収益率」です。EPS(Earnings Per Share)とは、企業が1年間に1株当たりいくらの利益を出したのかを表したものです。

株主から集めた資金で、企業がどれだけの利益を上げたのかという収益力や成長率を把握することができます

EPSの計算方式

EPS = 当期純利益 ÷ 発行済み株式数

ただし、業績悪化をカバーするために有価証券や土地の売却益を計上している場合もあり、特殊な事情でEPSが突然高くなることもあるので、EPSが高いからといって必ずしも成長力のある会社とは限らないので注意してください。

PER(株価収益率)は、『株価が減税の利益の何年分に相当するのか(何年先の利益まで見越した株価になっているのか)』を示したものです。

株価が、1株当りの利益の何倍になっているかを計算することで、その株の割安か割高かを判断することができ、この数字が低ければ割安、高ければ割高になります。

PERの計算方式

PER(株価収益率)= 株価 ÷ EPS(一株あたりの純資産)

標準的なPERは15倍~20倍と言われていて、数字が小さいほど割安と言うことになります。 業種にもよって違ってきますが、一般的に成長期の業種はPERが高く、成熟期にある業種はPERが低くなると言われています。株の初心者の方は銘柄選びのポイントとして覚えておきましょう。

pickup!株の初心者が「銘柄分析」の「知識」を身につけるには…?

【PR】株の初心者の方が知りたい銘柄分析のテクニック。 この銘柄上昇する?損切りする?
投資のプロ、投資顧問相談して銘柄分析の基礎を身につけませんか?

  • ツイートする
  • LINEで送る

株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング

株初心者の方も、既にネット証券の口座をお持ちの方も手数料を比較し、複数口座を使い分けてもっとお得に配当、株主優待をもらいましょう!おすすめの証券会社の組み合わせもご紹介しています!

  1. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング1位

    松井証券

    松井証券の画像
  2. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング2位

    むさし証券 トレジャーネット

    むさし証券 トレジャーネットの画像
  3. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング3位

    ライブスター証券

    ライブスター証券の画像
  4. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング4位

    GMOクリック証券

    GMOクリック証券の画像
  5. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング5位

    SBI証券

    SBI証券の画像

ネット証券の口座を複数使い分けるメリットとは?

証券会社の口座を複数持つメリット説明ページへ→