1月の権利付き最終日は28日です
twitter
  1. 16日寄り付きの日経平均株価=20円43銭高の2万575円72銭  https://t.co/fpoTKbVsiS

  2. 15日大引けの日経平均株価=195円59銭高の2万555円29銭と続伸  https://t.co/Qr4zQuLROC

  3. 15日後場寄り付きの日経平均株価=197円05銭高の2万556円75銭  https://t.co/Ye2rGdTG9a

  4. 15日前引けの日経平均株価=184円94銭高の2万544円64銭と続伸  https://t.co/U1BCCbZ0a2

  5. アライドアーキテクツ-買い気配 野村HDなどとマーケ支援で合弁会社設立を検討  https://t.co/nNJzWiKjnf

バリュー投資で割安株を狙え!!

「バリュー株投資」とは「割安株投資」とも呼ばれ、株価の割安さに目をつけた投資方法のことで、割安株を購入することを指します。 バリュー投資は、その株の「収益力・資産・成長性」などから、その株本来の価値を見積もって、それよりも割安な水準と判断した所で買う投資法です。

割安に放置されている株が市場の原理によって、最終的に適正な価格に戻るところを狙います。PERやPBRの低いもの、配当利回りの高いものなどが代表的な選択基準となります。

本来の企業価値が市場においてまともに評価されていない銘柄を探します。

「バリュー(Value)」とは、直訳すると「価値」「真価」となります。

実態はもっと価値があるはずなのに、市場で割安に放置されている銘柄を購入し、いつか見直されるのを待つという投資法。

「いつか」ということで、必然的に長期投資になることが多いと思います。

短期間で大きな成果は望みにくいのですが、投資する銘柄はもともと低評価にあるので、大損をしにくく、かつ、リターンを得やすいというのが特徴です。

バリュー投資のメリット

しっかりとバリュー投資を理解していれば、これほど安心して投資できる手法というのはなかなかないと思います。資産、いわゆるPBRに着目したこの投資手法は過去の統計からも有益であることがわかっているので、安心できる手法だと思います。

最初に銘柄を購入してしまえば、あとはほったらかしでも大丈夫、売買のタイミングがシビアではないので、株の初心者の方や昼間に仕事をもっている方でも問題なく実践できます。

バリュー投資のデメリット

投資の結果がでるまでに時間がかかることと、高いパフォーマンスは求められない点です。注目されなければ、なかなか株価が上がらない、流動性も小さく大きな資金が入れにくい場合もあります。

グロース投資と比較されることが多いです。

バリュー投資を行う際には、過去の業績と現在の業績をしっかり分析し、尚且つ株価の見通しを立てなければなりません。
業績の分析はある程度できるかもしれませんが、今が割安なのか、今後の株価はどうなるかなど予想するのは、株の初心者には難しいと思います。株価が上がれば、まだ上がるのでは?と欲も出てるでしょう。
上値を追いすぎて結局、損が出たなんて事が起こりえます。
そこで、企業分析や株価の見通しを立てるプロの投資アドバイザーの投資顧問に相談してみましょう。

投資顧問は国から許可を得て、投資のアドバイスをしています。
メールアドレスだけで会員登録ができ、無料で銘柄相談に乗ってくれる投資顧問が多いので、気になるバリュー株について質問しても良いでしょう。
また投資アドバイザーが注目している割安に放置されていて戻りが期待できる銘柄情報も提供したりしています。無料会員になって参考にしても良いかもしれません。

  • ツイートする
  • LINEで送る

相場が悪い時こそ実は儲かるチャンス!?
プロが監修した投資効率を劇的に変える無料WEBセミナー

投資セミナーや講演会でも講師を務め、相場の最前線で活躍する大魔神こと関口忠之氏が提唱する『トレンドマップ投資法』

市場のトレンドは今どの位置にいて、どこに向かって行くのか「局面の見極め方」と「要因の探り方」を丁寧に解説。

関口氏監修の具体的な売買手法を無料で公開。
投資歴35年のプロが実践する成功ノウハウがこのセミナーに詰まっています。

株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング

株初心者の方も、既にネット証券の口座をお持ちの方も手数料を比較し、複数口座を使い分けてもっとお得に配当、株主優待をもらいましょう!おすすめの証券会社の組み合わせもご紹介しています!

  1. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング1位

    松井証券

    松井証券の画像
  2. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング2位

    むさし証券 トレジャーネット

    むさし証券 トレジャーネットの画像
  3. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング3位

    ライブスター証券

    ライブスター証券の画像
  4. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング4位

    GMOクリック証券

    GMOクリック証券の画像
  5. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング5位

    SBI証券

    SBI証券の画像

ネット証券の口座を複数使い分けるメリットとは?

証券会社の口座を複数持つメリット説明ページへ→