7月の権利付き最終日は29日です
twitter
  1. 22日寄り付きの日経平均株価=104円34銭高の2万1713円26銭  https://t.co/wL4I5BflQL

  2. 20日大引けの日経平均株価=42円07銭高の2万1608円92銭と反発  https://t.co/LfIdKRHCJv

  3. 20日後場寄り付きの日経平均株価=18円75銭高の2万1585円60銭  https://t.co/DU1srCoprA

  4. 20日寄り付きの日経平均株価=18円20銭安の2万1548円65銭  https://t.co/25GujC7EkE

  5. 19日大引けの日経平均株価=17円65銭安の2万1566円85銭と3日ぶり反落  https://t.co/Fq7ssR9yXN

ストキャスティクスで売られすぎ、買われすぎ判断

「ストキャスティクス(stochastics)」とは、米国のジョージ・レイン氏によって考案されたオシレーター系のテクニカル指標です。 株価の「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断するための指標で、下落相場では"終値は安値近辺で取引が終わり"、上昇相場では"終値が高値近辺で取引が終わる"傾向があるという前提のもと開発されました。

株価と日数の振幅を元に計算され、先行するライン「%K」と、遅行するライン「%D」という動きが異なる二本のラインの『水準』や『クロスの仕方』から、割高、割安の売買タイミングを探すことができる指標です。

ストキャスティクスでは、一定期間(一般的に9日、5日)の高値や、安値と、当日の終値を元に計算されています。

ストキャスティクスの図

青い丸で囲んだ部分では、80以上の水準でSK線がSD線を下抜け(デッドクロス)しているので売りサインが出ています。赤い丸で囲んだ部分では、20以下の水準でSK線がSD線を上抜け(ゴールデンクロス)しているので買いサインとなります。

ストキャスティクスの計算方法

%K =(当日終値-N日間の最安値)÷(N日間の最高値-N日間の最安値)×100
%D =A÷B×100
*A=(当日終値-N日間の最安値)のH日間合計、B=(N日間の最高値-N日間の最安値)のH日間合計。

スローストキャスティクスの計算方法

ストキャスティクスと同様の計算をします。スローストキャスティクスでは%Dラインをさらに単純平均しSDラインを算出します。

3日平均の例
SDライン =(当日%D+前日%D+2日前%D)  ÷  3

株の初心者の方は計算方法は取りあえず置いていおき、ご利用の証券会社のツールやチャートでストキャスティクスを表示させて株価の動きを見てみましょう。

pickup!株の初心者が「銘柄分析」の「知識」を身につけるには…?

【PR】株の初心者の方が知りたい銘柄分析のテクニック。 この銘柄上昇する?損切りする?
投資のプロ、投資顧問相談して銘柄分析の基礎を身につけませんか?

  • ツイートする
  • LINEで送る

株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング

株初心者の方も、既にネット証券の口座をお持ちの方も手数料を比較し、複数口座を使い分けてもっとお得に配当、株主優待をもらいましょう!おすすめの証券会社の組み合わせもご紹介しています!

  1. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング1位

    松井証券

    松井証券の画像
  2. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング2位

    むさし証券 トレジャーネット

    むさし証券 トレジャーネットの画像
  3. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング3位

    ライブスター証券

    ライブスター証券の画像
  4. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング4位

    GMOクリック証券

    GMOクリック証券の画像
  5. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング5位

    SBI証券

    SBI証券の画像

ネット証券の口座を複数使い分けるメリットとは?

証券会社の口座を複数持つメリット説明ページへ→