1月の権利付き最終日は28日です
twitter
  1. 16日寄り付きの日経平均株価=20円43銭高の2万575円72銭  https://t.co/fpoTKbVsiS

  2. 15日大引けの日経平均株価=195円59銭高の2万555円29銭と続伸  https://t.co/Qr4zQuLROC

  3. 15日後場寄り付きの日経平均株価=197円05銭高の2万556円75銭  https://t.co/Ye2rGdTG9a

  4. 15日前引けの日経平均株価=184円94銭高の2万544円64銭と続伸  https://t.co/U1BCCbZ0a2

  5. アライドアーキテクツ-買い気配 野村HDなどとマーケ支援で合弁会社設立を検討  https://t.co/nNJzWiKjnf

『BPS(1株当たり純資産)』と『PBR(株価純資産倍率)』

BPS(一株あたり純資産)は、会社が発行している発行済株式総数に対してどれだけの純資産があるのかを示す指標です。日本語に訳すと、BPS(Book-value Per Share)は「1株当たり純資産」、PBR(Price Book-value Ratio)は「株価純資産倍率」です。

企業の健全性などを把握するための指標として広く活用されます。BPSが高ければ高いほど、その企業の安定性は高いことになります。

1株当たり純資産額(BPS)は、純資産価格を発行株式数で割って求めます。

BPSの計算方式

一株当たり純資産(BPS) = 純資産 ÷ 発行済株式数

基本的な考え方は1株当たり当期純利益(EPS)と同じなのですが、こちらは、財産の面から株価の割高・割安を判断します。

純資産価格を発行株式数で割って求めることによって、財産の面から株価の割高・割安を判断できます。

EPSの場合は、収益面から株価の割高・割安を判断してきたが、BPSの場合には、財務面から判断するものだと覚えておきましょう。

PBRの方はPERと同様に考えましょう。PERは、会社の株価がそのEPSの何倍かを示すものでしたが、PBRは、会社の株価がそのBPSの何倍かを示すもの。これもPERと同様、株価が高めなのか安めなのかを判断する際の目安となります。

PBRの計算方法

株価純資産倍率(PBR) = 株価 ÷ 一株あたり純資産額

PBRが1だと、ちょうど株価が一株あたりの資産と一致するということになるので、資産価値だけを考えると、PBRが1以下だと割安1以上だと割高だと言えます。株の初心者の方は取りあえず頭の片隅にでも入れておいて、慣れてきたらPBRの計算方法や意味を確認してみましょう。

  • ツイートする
  • LINEで送る

相場が悪い時こそ実は儲かるチャンス!?
プロが監修した投資効率を劇的に変える無料WEBセミナー

投資セミナーや講演会でも講師を務め、相場の最前線で活躍する大魔神こと関口忠之氏が提唱する『トレンドマップ投資法』

市場のトレンドは今どの位置にいて、どこに向かって行くのか「局面の見極め方」と「要因の探り方」を丁寧に解説。

関口氏監修の具体的な売買手法を無料で公開。
投資歴35年のプロが実践する成功ノウハウがこのセミナーに詰まっています。

株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング

株初心者の方も、既にネット証券の口座をお持ちの方も手数料を比較し、複数口座を使い分けてもっとお得に配当、株主優待をもらいましょう!おすすめの証券会社の組み合わせもご紹介しています!

  1. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング1位

    松井証券

    松井証券の画像
  2. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング2位

    むさし証券 トレジャーネット

    むさし証券 トレジャーネットの画像
  3. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング3位

    ライブスター証券

    ライブスター証券の画像
  4. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング4位

    GMOクリック証券

    GMOクリック証券の画像
  5. 株の売買取引の10万円までの手数料が安いネット証券会社比較ランキング5位

    SBI証券

    SBI証券の画像

ネット証券の口座を複数使い分けるメリットとは?

証券会社の口座を複数持つメリット説明ページへ→