4月の権利付き最終日は25日です
twitter
  1. 【決算速報】アイビーシー、上期経常は44%減益で着地  https://t.co/nZ4bbQPgPx

  2. 【決算速報】ホクシン、今期経常は34%減益、前期配当増額も今期減配  https://t.co/2Q8eCYHZ6x

  3. 【決算速報】東洋、前期経常は46%減益で着地、今期業績は非開示  https://t.co/YRmaa7AnC8

  4. 【決算速報】東京一番、上期経常は一転10%減益で下振れ着地・通期計画を超過  https://t.co/VuXFYNILwt

  5. 【決算速報】トライアイズ、1-3月期(1Q)経常は赤字縮小で着地  https://t.co/qW9CPqPyAv

相場は人気七分に材料三分

銘柄を選ぶときに業績が良いか、財務内容はどうかなどのデジタル的な材料面に先ず目が向きがちになります。

決して間違いではありませんが、業績だけではだめなのです。

1株利益が同じであっても、人気をはかる投資尺度のPER(株価収益率)が、一方は40倍、片方は20倍ということが起こります。

もちろん、PERは高いほうが人気の高いことを現しています。
1株利益が同じであっても、こうした人気に差が生じるのは、発行株数の多少、先行きに対する展望、知名度、分かりやすさ、親しみやすさ、一等地に本社がある、経営者への信頼性や親しみやすさといった、どちらかといえば人間臭さのあるアナログ的な要素によるところが多いのが特徴です。

相場はベースとしては需給で動くものです。

しかし、人気相場という言葉があるように、人気がリードし始めた相場であれば人気の波に乗るべきという言葉です。

自分でよいと思う銘柄より、多くの投資がよいと思う銘柄を選ぶことが儲ける近道というわけです。

pickup!株の初心者が「銘柄分析」の「知識」を身につけるには…?

【PR】株の初心者の方が知りたい銘柄分析のテクニック。 この銘柄上昇する?損切りする?
投資のプロ、投資顧問相談して銘柄分析の基礎知識を身につけませんか?

  • ツイートする
  • LINEで送る