9月の権利付き最終日は26日です
twitter
  1. 【決算速報】NaITO、上期経常を39%上方修正、通期も増額  https://t.co/R9hjoGByeG

  2. 【決算速報】テクノスJ、今期経常を一転1%減益に下方修正  https://t.co/RVZFD8yWGg

  3. 【決算速報】九州リース、今期経常を一転14%増益に上方修正  https://t.co/cOksZfiaH1

  4. 【決算速報】サツドラHD、6-8月期(1Q)経常は0億円で着地  https://t.co/OVIX1fVWst

  5. 【決算速報】みらかHD、今期経常を6%上方修正  https://t.co/Xi7KmPpxL7

徹底比較!取引ツールが充実している証券会社比較ランキング

実際の株トレードで使う取引ツールから、投資情報や銘柄スクリーニングなど、株の売買に欠かせない取引ツールをネットでの口コミ・評判でランキングしました。
株の初心者だからこそ、評判のツールで株のトレードを始めましょう。

    1. 1
    2. 評判・口コミ 

      指標、ランキング、スクリーニングなど機能は圧倒的。加えて最近ではトリガートレール注文を実装するなどユーザの声を反映したツール改善に余念が無い点もネット口コミで高評価です。
      RSSによる株価Excel取り込みが株の上級者にも大人気です。メインの取引ツールとして使っているというトレーダーが多いです。

    1. 2
    2. 評判・口コミ 

      SBI証券の「HYPER SBI」は情報量が豊富でテクニカルチャート・発注関連など、基本機能はほぼ網羅されており、お手本になるようなツールです。誰が使っても不満がないツールに仕上がっていると言えそうです。また無料で利用できる条件が緩いので非常に使いやすいと思います。

    1. 3
    2. 評判・口コミ 

      マーケットスピードに慣れてしまうと他のツールが使えない!という声が多くあります。ニュースやチャートなどの配置の自由度や閲覧可能なレート・情報など質・量ともに満足のツール。2クリックで見たい情報にたどり着けるユーザビリティも根強い人気の秘密かもしれません。投資家には、かかせないツールとなっています。またMacで動く取引ツールが少ないなか、マーケットスピードはMac版があるので、これも高評価です。こちらも無料利用になる条件が緩く、非常に使いやすいです。

    1. 4
    2. 評判・口コミ 

      注文方法では常に注目されるカブドットコム証券。ツールにおいても注文条件をリスト化して一括発注など独自の機能が満載!Kabuスコープではテクニカルシグナルの条件に一致した銘柄を表示するなど他社にはない機能を無料で提供しています。

    1. 5
    2. 評判・口コミ 

      多くのツールを提供するマネックス証券。利用条件が無料のものも多く、しかも最初の1ヶ月はお試し無料で提供されており、有料ツールを使ってみたいものの二の足を踏んでいる方は試してみると良いかもしれません!マネックス・マーケットステーションではチャートの描写ツールも豊富かつ、おすすめは【板注文】一画面で発注から訂正・一括取り消しとスムーズに発注可能です。システムトレード用のツールもありプログラミングに覚えありの方はこちらも必見です!

    1. 6
    2. 評判・口コミ 

      チャートタイプは圧巻の12種類で描写ツールも豊富なところは非常に便利!チャート・板からマウスだけで簡単発注など高機能な発注機能を有しています。懸念だったWebサイトと取引ツールとの同時起動も改善。これからも更なる向上を期待出来ますね!

    1. 7
    2. 評判・口コミ 

      松井証券「ネットストック・ハイスピード」はシンプルなデザインで個人投資家から絶賛の声あり。同時表示可能なレートも海外指数含め多数用意されているためリアルタイムでのチェックには非常に便利!また【板注文】については一画面で発注から訂正・一括取り消しとスムーズに発注可能になっています。更に一日信用取引向けの「2WAYスピード注文」などもその独自性に色をつけています。

    1. 8
    2. 評判・口コミ 

      移動平均クロス、ボリンジャーバンド、一目均衡表、RSI、サイコロジカルライン、移動平均乖離率など18種類の分析指標が利用可能なPCとスマホ、タブレットに対応した情報ツールT-NAVIを2014年8月にリリース。情報収集やポートフォリオの管理には便利です。

    1. 9
    2. 評判・口コミ 

      2012年4月に登場した「スーパーはっちゅう君」。基本機能はもちろんですが、「株価強度分析」や「株式同一気配約定情報」など独自のツールとしての魅力も兼ね備えています。最近もスマホ用ツールを発表するなど、こちらも進化が止まりません。利用料が無料なのもの投資家にやさしいですね。

取引ツールが充実している証券会社比較ランキングのまとめ

トレードツールNO.1は、岡三オンライン証券です。岡三RSSによる株価Excel取り込み機能が人気で、メインの取引ツールとして岡三オンライン証券の取引ツールは評判です。アクティブトレーダー向けに設計されたSBI証券の「HYPER SBI」素早いトレーディングを見据えた設計は、デイトレーダーからの支持率も高いでしょう。楽天証券の人気トレードツール「マーケットスピード」はランキング機能が業界最速表示!!ライブスター証券の注目特化系トレードツール「livestarR」が同点と拮抗しおり、同社ツールは頻繁なバージョンアップも魅力です。松井証券マネックス証券GMOクリック証券などはトレードツール提供無料などで差別化を図っており投資家にやさしいですね。カブドットコム証券の「kabuスコープ」はテクニカルシグナル発生中の銘柄を表示してくれるなど特徴的なトレードツールを用意!投資ツールの活用で運用成績をアップさせましょう!


※最新の手数料やキャンペーン情報は各証券会社で必ずご確認ください。

  • ツイートする
  • LINEで送る