2月の権利付き最終日は25日です
twitter
  1. 21日大引けの日経平均株価=32円74銭高の2万1464円23銭と4日続伸  https://t.co/op8y3OVK0E

  2. 21日後場寄り付きの日経平均株価=52円25銭高の2万1483円74銭  https://t.co/KFPpCvnviN

  3. 21日前引けの日経平均株価=28円80銭安の2万1402円69銭と4日ぶり反落  https://t.co/hEcwF83Cqr

  4. 21日寄り付きの日経平均株価=9円18銭安の2万1422円31銭  https://t.co/NyWIlumP2J

  5. 20日大引けの日経平均株価=128円84銭高の2万1431円49銭と3日続伸  https://t.co/sdDlrvEE7m

売買が成立しないときは比例配分方式

「比例配分」とは、株価が制限値幅いっぱいのストップ高、ストップ安で終値を決定する場合に使われます。
終値は通常なら板寄せ方式が用いられるのですが、株価を大幅に上昇させるような良いニュースが発表されて、あまりにも大量の買い注文が殺到すると、通常の板寄せ方式では売買が成立しません。
そのような場合に売買を成立させて値段をつける方法として比例配分方式が使われます。逆に悪いニュースが発表されて大量の売り注文が殺到した場合も同様です。

買い注文が極端に多く売り注文が少ないときに、売り注文数の分だけの売買を成立させ、各証券会社の注文数に比例した比率で配分します。

例として、100万株の買い注文と20万株の売り注文を残して、ある銘柄がストップ高で引けた場合、売買可能な20万株を証券取引所は証券会社ごとの発注数量に応じて比例配分します。

各証券会社が割り当てられた注文数を証券会社のルールにのっとり顧客に割り当てます。この配分方法についてはそれぞれの証券会社にゆだねられており、例えば時間優先の原則で配分するところもあれば、完全抽選で配分する証券会社もあります。
既に株式投資を始めている方も、株初心者の方もご自身が利用している証券会社の比例配分のルールを確認しておくとよいでしょう。

【PR】もしかしたら明日、比例配分になる銘柄情報かも

  • ツイートする
  • LINEで送る

相場が悪い時こそ実は儲かるチャンス!?
プロが監修した投資効率を劇的に変える無料WEBセミナー

投資セミナーや講演会でも講師を務め、相場の最前線で活躍する大魔神こと関口忠之氏が提唱する『トレンドマップ投資法』

市場のトレンドは今どの位置にいて、どこに向かって行くのか「局面の見極め方」と「要因の探り方」を丁寧に解説。

関口氏監修の具体的な売買手法を無料で公開。
投資歴35年のプロが実践する成功ノウハウがこのセミナーに詰まっています。