2月の権利付き最終日は25日です
twitter
  1. 21日大引けの日経平均株価=32円74銭高の2万1464円23銭と4日続伸  https://t.co/op8y3OVK0E

  2. 21日後場寄り付きの日経平均株価=52円25銭高の2万1483円74銭  https://t.co/KFPpCvnviN

  3. 21日前引けの日経平均株価=28円80銭安の2万1402円69銭と4日ぶり反落  https://t.co/hEcwF83Cqr

  4. 21日寄り付きの日経平均株価=9円18銭安の2万1422円31銭  https://t.co/NyWIlumP2J

  5. 20日大引けの日経平均株価=128円84銭高の2万1431円49銭と3日続伸  https://t.co/sdDlrvEE7m

「指値」と「成り行き」2種類の注文方法

株式の注文方法には、主に「指値(さしね)注文」「成行(なりゆき)注文」の2種類があります。

指値とは、売買したい株を「○○円で買いたい」「○○円で売りたい」と価格を指定して行う注文方法です。

この「値段なら安いから買いたい」という時や「この値段なら利益が出るので売ってもよい」という時などに行います。もちろん、現在値が指定した価格にならなければ約定しません。

成り行きとは、「いくらでも良いから買う」「いくらでも良いから売る」といった注文方法です。

基本的には現在表示されている買値、売値で約定となりますが、注文のタイミングや注文枚数によっては思わぬ価格で約定する事もあります。 マザーズなど商いの薄い新興市場では成行注文は十分気をつけたほうが良いでしょう。また、出来高に比べて注文株数が多いときにはやはり注意が必要です。

指値と成行の同時注文があった場合は、成行注文のほうが優先されます。

双方にはそれぞれメリット・デメリットがあり、指値注文の場合、決めた値段以外での取引が成立しない為、予想以上の高値で約定したなどという心配がないメリットがありますが、 上がりそうだと思った銘柄を買いたい時に指値の値段で買えず、株価が上昇してしまって失敗したなどという、売買不成立になるデメリットがあります。

成行注文の場合は、値段を指定しない分、注文してすぐに取引が成立するというメリットがありますが、 その反面、注文から成立までの間に株価が急激にあがってしまい、予想を上回る高値で約定してしまうという恐れがあるといったデメリットがあります。

株式の購入や売却の注文は成立すれば取り消すことは不可能です。

株式投資の経験がない株の初心者で、初めて注文を出すという方はまずは指値で注文することをおすすめします。

指値と成行、それぞれのメリット・デメリットまとめ

指値注文
メリット:決めた値段以外で売買取引が成立しない為、予想以上の高値、安値で約定する心配がない
デメリット:上がりそうな銘柄が指値の値段で買えず、株価が上昇してしまい、売買が不成立になる(売りの時は株価が下がり過ぎて思っていた値段で売れない)
成行注文
メリット:注文してすぐに取引が成立する
デメリット予想を上回る高値で約定するという恐れがある

株初心者には、決まった値段で売買できる指値注文がおすすめ!

  • ツイートする
  • LINEで送る

相場が悪い時こそ実は儲かるチャンス!?
プロが監修した投資効率を劇的に変える無料WEBセミナー

投資セミナーや講演会でも講師を務め、相場の最前線で活躍する大魔神こと関口忠之氏が提唱する『トレンドマップ投資法』

市場のトレンドは今どの位置にいて、どこに向かって行くのか「局面の見極め方」と「要因の探り方」を丁寧に解説。

関口氏監修の具体的な売買手法を無料で公開。
投資歴35年のプロが実践する成功ノウハウがこのセミナーに詰まっています。