1月の権利付き最終日は28日です
twitter
  1. 23日寄り付きの日経平均株価=169円47銭安の2万453円44銭  https://t.co/oiH45IXzwV

  2. 22日大引けの日経平均株価=96円42銭安の2万622円91銭と3日ぶり反落  https://t.co/2196x5SgZk

  3. 22日後場寄り付きの日経平均株価=54円72銭安の1万664円61銭  https://t.co/zuEWomG6zV

  4. 22日前引けの日経平均株価=12円67銭安の1万706円66銭と3日ぶり反落  https://t.co/Ngn8qrAhmo

  5. 22日寄り付きの日経平均株価=50円73銭高の2万770円06銭  https://t.co/w3HKTOwHch

配当落日は決算日の3営業日前

配当落日とは、決算日の3営業日前のことを指します。
配当落日は権利落日とも呼ぶこともありますが、どちらも同じ意味です。しかし、権利確定日と権利落日(配当落日)は違いますので注意して下さい。

株をずっと保有していても、配当がつくのは企業により月日は違いますが、ある1日だけです。逆に言えば、その日にさえ株を保有していれば、株主として登録されて配当や優待がもらえます。

権利確定日と権利落日

その株主として登録される権利が確定される日の翌営業日が配当落日(権利落日)です。

ここで注意していただきたいのが、「権利が確定される日」です。
実際に権利が確定されるのは、「配当落日(権利落日)の市場が始まる直前まで株を保有」していれば権利が確定されると考えたほうが理解しやすいです。

よって配当落日(権利落日)の前日に株を売ってしまった人には権利がありません。つまり、株式配当や株主優待をもらうためには、配当落日まで株式を保有しなければなりません。

この配当落日(権利落日)は、権利が落ちてしまったため、株の売り注文が出やすく、比較的株価が下落しやすい日ですので注意してください。 特に2月、3月と、8月、9月の月末近くに配当落日になっている銘柄が多く、日経平均などの指数までも影響を受けます。

そして、その指数の下落を受けて関係のない銘柄までもが下落する可能性がありますので注意してください。株初心者の方は覚えておくとよい事の一つと言えるでしょう。

今年の権利確定日や配当落ち日の一覧をカレンダーにしてますのでご覧下さい。カレンダーをみる
※関連記事:権利確定日とは?

  • ツイートする
  • LINEで送る

相場が悪い時こそ実は儲かるチャンス!?
プロが監修した投資効率を劇的に変える無料WEBセミナー

投資セミナーや講演会でも講師を務め、相場の最前線で活躍する大魔神こと関口忠之氏が提唱する『トレンドマップ投資法』

市場のトレンドは今どの位置にいて、どこに向かって行くのか「局面の見極め方」と「要因の探り方」を丁寧に解説。

関口氏監修の具体的な売買手法を無料で公開。
投資歴35年のプロが実践する成功ノウハウがこのセミナーに詰まっています。