7月の権利付き最終日は28日です
twitter
  1. 〔東京株式〕小反発=景気回復期待も警戒感消えず(2日)https://t.co/uTTQ0aWGez

  2. 2日大引けの日経平均株価=24円23銭高の2万2145円96銭と反発 https://t.co/oQPpq168HP

  3. 日経平均、92円49銭高の2万3465円81銭で始まる=東京株式後場 https://t.co/U3PlpHzXb7

  4. 22日寄り付きの日経平均株価=104円34銭高の2万1713円26銭  https://t.co/wL4I5BflQL

  5. 20日大引けの日経平均株価=42円07銭高の2万1608円92銭と反発  https://t.co/LfIdKRHCJv

イールドレシオ

イールドレシオ(いーるどれしお)とは、「長期金利」を「株式益利回り」で割って求める値。

この数値は、株式相場の水準が割安なのか割高なのかを判断する指標として用いられます。

イールドレシオの値が小さくなるほど、株価の割安感は強くなります。

短期的な視点では、イールドレシオとイールドスプレッドのどちらを使っても差し支えないが、長期的な視点で見る場合にはイールドレシオを使う方が望ましいとされています。

  • ツイートする
  • LINEで送る