7月の権利付き最終日は28日です
twitter
  1. 〔東京株式〕小反発=景気回復期待も警戒感消えず(2日)https://t.co/uTTQ0aWGez

  2. 2日大引けの日経平均株価=24円23銭高の2万2145円96銭と反発 https://t.co/oQPpq168HP

  3. 日経平均、92円49銭高の2万3465円81銭で始まる=東京株式後場 https://t.co/U3PlpHzXb7

  4. 22日寄り付きの日経平均株価=104円34銭高の2万1713円26銭  https://t.co/wL4I5BflQL

  5. 20日大引けの日経平均株価=42円07銭高の2万1608円92銭と反発  https://t.co/LfIdKRHCJv

ドルコスト平均法

ドルコスト平均法とは、毎月一定額で買い付けを行っていく投資法のことです。

株でも金(GOLD)でもいいが値動きのあるものを買うときは、安い時に多く買いたいと思うのは人情である。
しかし、投資をするタイミングは難しく、自分の思い通りいかないのは周知の通りです。

そこで毎月決った金額で買い付けを行っていくドルコスト平均法を用いれば、必然的に価格が安いときには沢山買えて、価格が高い時には購入量は少なくなります。
あまり面白みはないが、長期的に考えれば効果的な投資法です。

  • ツイートする
  • LINEで送る