7月の権利付き最終日は28日です
twitter
  1. 〔東京株式〕小反発=景気回復期待も警戒感消えず(2日)https://t.co/uTTQ0aWGez

  2. 2日大引けの日経平均株価=24円23銭高の2万2145円96銭と反発 https://t.co/oQPpq168HP

  3. 日経平均、92円49銭高の2万3465円81銭で始まる=東京株式後場 https://t.co/U3PlpHzXb7

  4. 22日寄り付きの日経平均株価=104円34銭高の2万1713円26銭  https://t.co/wL4I5BflQL

  5. 20日大引けの日経平均株価=42円07銭高の2万1608円92銭と反発  https://t.co/LfIdKRHCJv

日経平均株価

日経平均株価(Nikkei225)とは、日本の株式市場を代表する株価指数で、東証1部に上場する約1700銘柄の中から流動性の高い225銘柄を選定し、その株価を平均したもので、「日経ダウ」「日経225」とも呼ばれます。

算出方法にはダウ方式の修正平均を用いており、基本的には225銘柄の株価の平均値ですが、分母(除数)の修正等で市況変動以外の要因を除去して指数値の連続性を保っています。

名称から分るとおり、日経平均株価は日本経済新聞社が算出・公表をしており、1970年に東京証券取引所が算出を中止したのに伴い、日経グループが算出・公表を引き継ぎました。

当初の名称は東京証券取引所が1950年に公表開始した「修正平均株価」で、1975年にダウ・ジョーンズ社と提携し「日経ダウ平均株価」と変更、その後1985年5月1日から現在の名称である「日経平均株価」となり、現在に至ります。

  • ツイートする
  • LINEで送る