10月の権利付き最終日は29日です
twitter
  1. 22日寄り付きの日経平均株価=104円34銭高の2万1713円26銭  https://t.co/wL4I5BflQL

  2. 20日大引けの日経平均株価=42円07銭高の2万1608円92銭と反発  https://t.co/LfIdKRHCJv

  3. 20日後場寄り付きの日経平均株価=18円75銭高の2万1585円60銭  https://t.co/DU1srCoprA

  4. 20日寄り付きの日経平均株価=18円20銭安の2万1548円65銭  https://t.co/25GujC7EkE

  5. 19日大引けの日経平均株価=17円65銭安の2万1566円85銭と3日ぶり反落  https://t.co/Fq7ssR9yXN

逆日歩(ぎゃくひぶ)

信用取引で売り手の方が多くなると株不足状態になります。

そのような状態になると証券金融会社は、金融機関や機関投資家から株を借りてくることになります。
しかし、無料では貸してはくれないので品借り料(品貸し料)を取られます。

これを逆日歩で信用の売り方から徴収されます。

逆日歩は当然、土曜日・日曜日も関係なくかかってくるので高額な逆日歩が発生すると売り方は苦しくなります。

例えば、1万株空売りして1株1円の逆日歩が毎日かかると1ヵ月で30万円の負担となります。
※関連記事:株主優待をタダで手に入れるのページ中ほど、逆日歩(ぎゃくひぶ)に注意

  • ツイートする
  • LINEで送る