4月の権利付き最終日は26日です
twitter
  1. 物色の流れとしては指数に振らされにくい銘柄にシフト/オープニングコメント https://t.co/TN1s0DTWgN

  2. 〔東京株式〕大幅続落=海外株安受け(21日前場寄り付き) https://t.co/lhsWP8Soki

  3. 日経平均は444円安、寄り後下げ幅拡大 https://t.co/SlFnE2jbz7

  4. 個別銘柄戦略:アスクルやエーザイなどに注目 https://t.co/fJzkVfTiWO

  5. 4/20/強弱材料 https://t.co/PG7jIqXrTs

セリングクライマックス

セリングクライマックスとは、下落傾向を続けていた相場の最終局面でみられる投げ売りのことをいいます。

含み損に耐えられなくなってきた投資家たちが、何かの材料または株の更なる下落そのものをきっかけに不安が頂点に達し出口に殺到します。

その時の出来高を伴った暴落がセリングクライマックスである。

通常セリングクライマックスが起きると売りが出尽くした状態となり、相場が反転するきっかけとなります。

ただ、本当に株価が底を打ったのかどうかという判断はとても難しいです。
株価が暴落して持ち株を売ったが、実はその日が底で次の日から上昇していく(狼狽売り)とか、ここが底だろうと株を買い増したがまだまだ下がり、値上がり益を損する形になったりということが簡単に起きてしまいます。
株の初心者の方は証券会社のレポート投資顧問を活用して、どういう状況なのか冷静に判断しなければなりません。
ゼロからの株式投資では無料登録で有益な情報を提供している投資顧問をご紹介していますので、色々な角度から相場の状況を分析した材料を手に入れて下さい。

  • ツイートする
  • LINEで送る