4月の権利付き最終日は26日です
twitter
  1. 物色の流れとしては指数に振らされにくい銘柄にシフト/オープニングコメント https://t.co/TN1s0DTWgN

  2. 〔東京株式〕大幅続落=海外株安受け(21日前場寄り付き) https://t.co/lhsWP8Soki

  3. 日経平均は444円安、寄り後下げ幅拡大 https://t.co/SlFnE2jbz7

  4. 個別銘柄戦略:アスクルやエーザイなどに注目 https://t.co/fJzkVfTiWO

  5. 4/20/強弱材料 https://t.co/PG7jIqXrTs

ザラバ

ザラバとは、元来『雑乱場』から出た言葉です。
雑然と乱れた状態をさしています。

株式取引は、スタート時を「寄り」、終了時を「引け」と呼んでいます。

この二つでは、時間を止めて皆に並んで注文出してもらい、注文を1箇所に集めます。

その上で、両方を付き合わせて取引所のルールに従って、たった一つの値段を決定〔始値・終値〕します。

今はコンピューターがやりますが、昔は注文が記入された「板」を寄せ集めたことから「板寄せ」方式と言います。

この二つの中間を全てザラバと呼んでいます。

全国から飛んでくる注文をその条件に従って、合致すれば次から次にどんどん約定させていきます。

騰がりそうな株ならば、皆が入り乱れて「取り合い」をし、
下がりそうな株ならば、同じく「投げ合い」をします。

注文の条件が優位なもの、条件が同じなら発注時間が早いものからどんどん約定します。

競争売買(ザラバ方式)、これをザラバといいます。

  • ツイートする
  • LINEで送る