2月の権利付き最終日はです
twitter

立会外取引

一般の立会内取引とは別におこなう取引を立会外取引(たちあいがいとりひき)という。
おもな立会外取引として、大口取引(単一銘柄取引)、バスケット取引、終値取引、自己株式立会外買付取引があります。

東京証券取引所の場合であれば、立会外取引は、電子取引ネットワークシステムであるToSTNeTを通じて、すべてToSTNeT市場で売買をおこないます。

立会外取引は、特に大口取引をおこなう機関投資家にとって、他の一般投資家に影響を及ぼすことなく売買を成立させることができる点がメリットとされています。

  • ツイートする
  • LINEで送る