1月の権利付き最終日は26日です
twitter
  1. 前場に注目すべき3つのポイント~バイデントレードが再燃するかを見極めたいところ https://t.co/qtjWJvQ7G1

  2. 日経平均が反発スタート、きのうの下げ渋りやNYダウとナスダックの史上最高値で買い優勢=21日寄り付き https://t.co/ypio0…

  3. 〔東京株式〕反発=米国株高を受け(21日前場寄り付き) https://t.co/9qEz2dACvq

  4. 薄商いのなかで日経225型主導の上昇となる可能性/オープニングコメント https://t.co/fjgi0BXV3C

  5. 日経平均が続伸スタート、きのうの大幅反発や米国株高で買い優勢=20日寄り付き https://t.co/syE7UWcpeJ

サイコロジカルライン

サイコロジカルライン(英語表記Psychological Line)とは、株式市場での投資家心理に基づいて、買われすぎか売られすぎかを判断する時に利用する指標のひとつ。サイコロジカル(=心理的な)を短縮して一般的にサイコロといわれている。
投資家心理の動きを数値化し、統計的に判断するための指標のことで、天井買わず・底売らずに少しでも近づけようというもの。
過去12日間で前日比でプラスなら○、マイナスと変わらずを●としている。
株価が動き続けたときに、そろそろもう下がるだろう(上がるだろう)というタイミングを表し、一般的に75%(9勝3敗)を超えたらそろそろ下がり(天井圏、買われすぎ)、25%(3勝9敗)を下回ったらそろそろ上昇する(ボトム圏、売られすぎ、買いサイン)だろうといわれている。
一般的に市場は強気一色になった時、相場はピークを向え、逆の弱気一色になった時にボトムを向えるケースが多い。 サイコロジカルラインはこうした投資家心理の偏りを数値化し、皆が強気になれば売り、弱気になれば買いのシグナルが出る逆バリの指標になる。 サイコロジカルラインの考え方に上昇幅・下落幅を導入したのがRSIである。
計算方法は勝ち数÷12(期間)×100で計算出来る。
過去に土曜も市場が開いていたなごりで、12日間(6日×2週)で計算をしている。

  • ツイートする
  • LINEで送る